ビジネス書

【図解deまとめ!】『転職の思考法』北野唯我さん著

『転職の思考法』を図解化!北野唯我著

図解化まとめ

図解は以上です。

 

新作『天才を殺す凡人』も面白いのでぜひ御覧ください!

 

図解師★ウルフ
図解師★ウルフ
図解師★ウルフへの依頼はこちら!

 

図解後記

図解師★ウルフです!
最後までご覧頂きありがとうございました。

本書の正式な題名は、
『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法』です。
この題名を聞いて、「そんなコト、今まで一度も思ったことないよ」という会社員はいないと思います。
かくいう私も長いサラリーマン人生の中で、「この会社でいいのか…」と何度考えたかわかりません。

転職したい理由は人によって様々だと思います。
お金の問題、仕事内容の問題、自分のキャリアの問題…。

その中でも一番多いのは、「職場の人間関係の問題」だと言われています。
例えば、あなたが上司と反りが合わず会社をやめたいと思ったとしたらどうしますか?
すぐに転職活動というアクションを起こせますか?

「うまく他の会社に入れても、そこの上司とも反りが合わないかもしれない。
それにそもそも転職がうまくいくかどうかもわからない。
仕事しながら転職活動するのは大変だし…、
もしかしたら今の上司も来月転勤する可能性だってある。
せっかく長く勤めた会社なんだ。もう少し様子を見てみよう…」
などと考えてしまうのではないでしょうか。

確かに一般的に多くの方は、こういった考えに陥りがちです。
でもこの考え方には転職に関する本質の思考」がありません。
転職を決意する、そして転職活動を行う…そのためのど真ん中の考え方が欠如しています。

さてそれは何か。

本書は、本文の最初の方でこう言っています。

転職に必要なのは知識でも情報でもない、
どう選べばいいかの判断基準、つまり『思考法』なんだよ。

北野唯我著 『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法』 ダイヤモンド社発行 P.24より引用

 

あなたはこの本を読むことで、転職の本質に近づくことが出来ます。

また図解では全く伝えていませんが、実は本書は物語形式になっています。
まさに「今の会社でいいのか…」と悩み始めた主人公青野が、経営コンサルタントの黒岩と契約し、転職活動を行いながら転職するために必要な思考の軸を手に入れていく…というストーリーです。

ストーリー形式にすることで、ドラマを見ているようで非常に読みやすく、また素直に頭に入ってきます。
あなたは、青野と黒岩とのやり取りを眺めることで、”転職において根幹となる思考法”を得ることが出来るのです。

気になった方は、是非本書を手にとって頂ければと思います。

 

僭越ですが…この図解が一人でも多くの方にとって、本書を手に取るきっかけになって頂ければ…ウルフにとってこれ以上ない幸せです!

図解師★ウルフでした!!

 

新作『天才を殺す凡人』も面白いのでぜひ御覧ください!