ビジネス書

【図解deまとめ!】『多動力』堀江貴文さん著

 

お会いできて光栄です!図解師★ウルフです!

今回は、堀江貴文さんの『多動力』!
この本はかなり有名ですね!
読んだことがない方でもタイトルだけは聞いたことがあるんではないでしょうか?

2017年5月に発行されて以来、発行部数30万部超え!
今までにビジネス書から小説まで、様々な本を出している堀江貴文さんの中の代表的な1冊です!
この本で「多動力」という言葉が世間に広がりました。

そして本書の編集者はあの天才編集者である”箕輪厚介さん”!
いまや地上波にもよく出演されており、ご存じの方も多いのではないかと思いますが、幻冬舎の社員でありながら、インフルエンサーとして有名な箕輪さん。
このタッグの威力、ぜひ味わって下さい!

 

Kindle版『多動力』が半額!ぜひこの機会に読んでみて下さい!

堀江貴文さんの『多動力』が今は無料!本はaudibleで聴く時代!

コチラも大人気!『マンガで身につく 多動力』

 

堀江貴文著『多動力』を図解化!

堀江貴文氏著、箕輪厚介氏編の『多動力』!
NewsPicks Book刊行 第
二弾の本書は発行部数が30万部を超えるベストセラーです!

 

 

リクルートから公立中学校の校長になった藤原和博さん。
彼の提唱する「キャリアの大三角形」がこれです!
1つのことに1万時間をかけると誰でもその分野で100人に1人の存在になれる。
それを3回繰り返すと1/100×1/100×1/100で「100万分の1」のレアキャラになることができます。

 

 

「寿司屋の修行なんて意味がない!」
ホリエモンのこの言葉だけが先行し、炎上騒ぎになりました。
一子相伝や職人の技を求める人がいる一方、「90点で十分」と考える人も多いです。
修行のためとはいえ、単なる皿洗いや掃除を2年も3年もやらされると、凹んじゃいますよね…

 

 

トコトンハマって飽きて…またトコトンハマって飽きる!
今までの社会には、「飽きる=良くない」という風潮がありました。
ただ本書では「飽きる=慣れて余裕が出たという証」であり、飽きっぽい人ほど成長する…と書かれています。
飽きるためにもトコトンハマる事が重要なんです!

 

 

あなたは安易に電話をかけていませんか?
あなたと電話している時間、相手は必ずあなたのために時間を割くことを強いられます。
電話は相手の時間を強引に奪うアイテムなんです!
今日からでもそのことを意識してみて下さい。
そして仕事のやり方を変化させてみましょう。

 

 

「段取り9割」という言葉があります。
特に仕事は、作業前の段取りが一番重要です。

 

 

堀江さんの発言の中でこれもよく言われることですが…
「天才>バカ>小利口」
今の社会には、突っ走れない小利口が多すぎるとのこと。
特にこの変化の時代に、あれこれ考えて一旦動きを止めることのほうがもったいないですね。
まずは勢いでバッターボックスに立ってみましょう!
そうすると、自ずと前からボールが飛んできます。

 

 

本書のすすめは、何でもやりたいことをその時全力でやるということ!
一番危険なのは、得意なひとつの型にハマることです。
この時代故に、「変化を楽しめること」が一番重要だと思います。

 

 

堀江さんは現在家を持たずに、ホテルで生活しています。
物を保有することが重要なのではなく、「やりたいことをやること」が重要なんです。
やりたいことに対し最短距離でありきで生きていくために、不要なものは捨てましょう。
何かを持つことは、縛られることに繋がります。

 

 

あなたはなんのために生きていますか?
実は人生には目的はなく、また目的のために生きてはいけないんです!
「過去や未来に縛られるのではなく、今を生きるために、好きなことを好きなだけやろう!」
これがホリエモンからのメッセージです!

 

Kindle版『多動力』が半額!ぜひこの機会に読んでみて下さい!

堀江貴文さんの『多動力』が今は無料!本はaudibleで聴く時代!

コチラも大人気!『マンガで身につく 多動力』

堀江貴文著『多動力』図解後期

ホリエモン哲学の詰まった本

 

最後まで図解をご覧頂き、ありがとうございました!

今回の図解化は堀江貴文さんの『多動力』
この本はメチャクチャ有名なので、知っている方も多いと思います。
発行部数は現在30万部を突破し、今はマンガ版も発売され、さらに映画化も予定されています。

堀江さんの考えの詰まったこの『多動力』ですが、全ページを通して伝えていることは
「まず行動しろ!」ということ。
まさに「本を読んでる場合じゃない!」ってことですね(笑)。

内容については、少し極論っぽいところもあるので、多少違和感はあるかもしれません。
「寿司屋の修行なんて意味がない!」
「電話をかけてくる人間とは仕事をするな!」
「経費精算を自分でやるサラリーマンは出世しない!」
「1晩10軒以上をハシゴしろ!」…

うーん、確かにこの言葉通りだとなかなか真似できない気がしますよね。
でももしそんなふうに感じた方がおられたら、ぜひ下の記事を読んでみて下さい。
”新R25”編集長の渡辺さんの突撃記事です!
相変わらず面白いです!

オススメ記事です↓↓↓
本人にモノ申す。ホリエモンの『多動力』って売れてるけど極論じゃない?

 

さて堀江さんがこの言葉すべてを本気で言っているかどうか、ホントのところわかりません。
ただ最初に申し上げたように、この本の背骨は間違いなく「行動しろ!」という一言だと思います。

人間でも動物でも微生物でも、「停止=死」です。
だからこそ、「動く」ということは「生」の同義語だと言えます。
「考えること」が悪いことではありません。
でも「考えて動けない」というのなら「考えずに動くべき」なんです。

「何にも縛られず動いてみよう!」
これがこの本を通して…、さらに言うと堀江貴文さんが自分の生き方を通して、周囲に伝えようとしていることなんだと思います。

天才編集者”箕輪厚介”

 

そしてもう1点重要なのことがあります。
この本の編集担当は、今をときめく”インフルエンサー編集者”の箕輪厚介さんです。
ウルフもこの本で箕輪厚介さんの存在を知り、頭にしっかりインプットしました。
この本の編集以降、怒涛の勢いで活躍する箕輪厚介さん。
その彼の著書『死ぬこと以外かすり傷』ではこんなことを言っています。

読者には申し訳ないが、一冊の本を通して一番成長するのは間違いなく編集者だ。読むより作るほうが、身体に著者のエッセンスが染み込むのだから当たり前かもしれない。
そうしてあらゆるジャンルで活躍している人たちの才能をカクテルして飲めるわけだからこんな贅沢な仕事はない。
編集者自身が、本を作ることを通してずば抜けた成長ができる。僕は僕が作った本によって、できている。

箕輪厚介著 株式会社マガジンハウス発行 『死ぬこと以外かすり傷』 ”はじめに” より引用

実はウルフが「図解化」という形でアウトプットをしているのは、このためなんです。

ウルフは箕輪さんのように編集者ではありません。
そんなウルフがその著者のエッセンスを自分の血肉にするためにはどうすればいいか…と考えた一つの手段が、この図解化だったんです。
これも『多動力』という名著から、回り回って受けた恩恵と言えると思います。

価値ある2時間を体感しよう!

 

このホリエモンのエキスの詰まった本書ですが、非常に読みやすい内容で2時間くらいで読み終わります。

もしまだお読みでない方がおられたら、是非この機会にご一読ください。
あなたの人生にとって非常に価値のある2時間になることは、このウルフが保証致します!

 

僭越ですが…この図解が一人でも多くの方にとって、本書を手に取るきっかけになって頂ければ…ウルフにとってこれ以上ない幸せです!

図解師★ウルフでした!!

 

Kindle版『多動力』が半額!ぜひこの機会に読んでみて下さい!

堀江貴文さんの『多動力』が今は無料!本はaudibleで聴く時代!

コチラも大人気!『マンガで身につく 多動力』

西野亮廣さんとホリエモンの共著『バカとつき合うな』の図解はコチラ!

【図解deまとめ!】『バカとつき合うな』堀江貴文さん&西野亮廣さん著堀江貴文さん・西野亮廣さんの『バカとつき合うな』を図解化しました!「世の中のバカたち」を堀江さんと西野さんの二人が小気味よく切っていきます!しかもそれを図解にすることで誰でも3分で理解できます!百聞は一見にしかず!「初めて読む方」も「一度読んだ方」にも最適!文章だけの書評より、わかりやすいこと間違いありません。視覚と文章が融合された図解のすばらしさをぜひ体感してみてください!...