松下幸之助

『道をひらく ~第2章~』が3分でわかる!松下幸之助著『道をひらく ~第2章~』を完全図解化

『道をひらく ~第2章~』を図解化!松下幸之助著

図解化まとめ

図解師★ウルフ
図解師★ウルフ

「日々是新(ひびこれあらた)」…非常にいい言葉。
毎朝これを意識するだけで、毎日の行動が変わってきます。

 

 

図解師★ウルフ
図解師★ウルフ
人間、どうしても目先のことや自分の周囲のことに、囚(とら)われてしまう…。
「もっともっと知らない世界がある」ことを認識し、「想像力」という武器を縦横無尽に使って、広い視野を持とう!

 

 

図解師★ウルフ
図解師★ウルフ
自分の心のあり方に迷った場合、僕は素直に周りに人に訊ねるようにしています。
「僕はこう思うのだけどあなたはどう思う?」「あの発言はまずかったかな?」…
そういう時、率直な意見を返してくれる友人の存在はすごく貴重ですね。

 

 

 

図解師★ウルフ
図解師★ウルフ
本当に困って真剣に考え動いたときは、周囲から助けられて意外になんとかなるものです。
「こんなもんでいいや」と思って油断したときのほうが、あとで取り返しがつかないことになります。
結局、懸命にやらずに成果を求めるのは天の意に反するということなんでしょうね。

 

図解師★ウルフ
図解師★ウルフ
『喉元すぎれば熱さ忘れる』
人間はいいことも悪いことも、悲しいほどに忘れてしまう生き物です。
でもその習性を理解した上で対策する人と、なにもしない人では、5年後10年後の心のあり方が全く違ってきます。
忘れて当たり前…ではあるけれど、それを”よし”としないように心がけましょう。

 

図解師★ウルフ
図解師★ウルフ
1968年発刊のこの本に、「変わることの大切さ」がいたるところに書かれている。
今の激しい時代は、当時より更に変わることを求められているだろう。
「今日も昨日の繰返し…」この考えは今すぐ捨てて、できるだけ自分で考え行動してみよう。
その繰り返しがあなたの未来を作ってくれます。

 

 

図解師★ウルフ
図解師★ウルフ
松下幸之助さんの言葉「衆知の知」…
グーグルでは「群衆の叡智」という言葉で表現されている。
どちらも大事なのは、周りに聞くこと。その問で一番簡単な言葉「なぜ?」である。
わからないものを放置してはいけない。
今新しい自分に変わるためにも、わからないものはその場で訊くことが大事である。

 

 

図解師★ウルフ
図解師★ウルフ
周囲からの評価に一喜一憂することもあるだろう。
そんなときは、一輪の花を見つめ、自らの励ましとしよう。

 

図解師★ウルフ
図解師★ウルフ
なんでもできる人はいない。
こんな簡単なことをつい忘れてしまっているときがある。
自分も相手も完璧ではない…。
それを忘れず、謙虚に協力しよう。

 

図解師★ウルフ
図解師★ウルフ
考えることで行動が変わり、行動することで結果が生まれ、結果が出ることで自分を信じる事ができる。
自分を信じ、自分の道を淡々と歩いていこう。

 

 

 

図解師★ウルフ
図解師★ウルフ
図解師★ウルフへの依頼はこちら!